【三津シーパラダイス】沼津から近い水族館。海の中のイルカが見られる!

こんにちは。ケンスケです。

ケンスケアイコン

沼津から車で20分。
駿河湾のいちばん奥の静かな海をうまく利用した水族館。

【三津(みと)シーパラダイス】

日本でラッコを初めて飼育した水族館としても有名です。(現在はいない)

他にも水族館の歴史は古く、湾の穏やかな地形を利用して、

ジンベエザメ
ミンククジラ
シャチ

これらの大物の飼育もしていたんです。

現在は、日本近海にも住むキタオットセイ」の飼育・研究に力を入れています。
かわいい子供のキタオットセイも見られますよ!

海で泳ぐイルカ

【三津シーパラダイス】沼津から近い水族館。海の中のイルカが見られる!

それでは、紹介していきましょう。

基本情報

三津シーパラダイス公式ホームページ

地図

静岡県沼津市内浦長浜3-1

アクセス

公共交通機関
JR「三島駅」→伊豆箱根鉄道「伊豆長岡駅」→伊豆箱根バス「伊豆・三津シーパラダイス方面」20分

マイカー
沼津市街から車で20分
沼津IC・長泉沼津ICから伊豆縦貫道・伊豆中央道経由で30分。

駐車場

300台(¥500/日)
※立体駐車場のため、ハイルーフの車や大きな車は入場できないこともあるので注意。

営業時間

平日 10:00~16:00(最終入場 15:00)
土日祝日 9:00~17:00(最終入場 16:00)
※12月8日~10日は、館内メンテナンスのため休館。

新型コロナウィルスの流行で通常とは異なる営業になっている可能性があるので、行く前に公式ホームページでチェックしましょう!

料金

おとな(中学生以上)¥2200
こども(4才~小学生)¥1100

※三津シーパラダイスのホームページにある割引券を提示(スマホ画面を見せる)と大人¥200こども¥100引きになるので活用しましょう!

海獣たちが豊富

ショーのアシカ

都市部にある水族館と違って、自然の地形を利用して飼育していることでたくさんの海獣たちをみることができます。

駿河湾の最奥は海水の透明度も高くて、泳いでいる魚も見えます。
自然の中で動物たちをみられるので、動物たちも元気にみえますよ。

セイウチ

セイウチ

屋内のプールで展示されています。
ガラス越しに間近でみるセイウチは迫力満点。

私が行ったときはプールの中を元気に泳いでいました。
大きな身体でも、水の中ではなかなか俊敏。

キタオットセイ

キタオットセイ

多くの水族館にいるオットセイは南半球に棲むミナミオットセイ。
こちらには、北半球に棲息するキタオットセイが暮らしています。

アシカとの違いは、「毛皮」。
寒い地域に住んでいるので長い毛が生えています。

その毛皮目的で乱獲された時期がありました。
現在では、法律によって守られています。

トド

ショーに参加するトド

オットセイに似ていますが、サイズが違います。
毛もオットセイより短いですね。

大きいもので体重1トンにもなります。
ざっと力士10人分ぐらいってとこですね。
近くで見ると大迫力です。

ペンギン

以前はイワトビペンギンやオウサマペンギンも見られたのですが、今回はいませんでしたね。

三津シーパラダイスでみられたのは、「ケープペンギン」「フンボルトペンギン」

ここで行く前の豆知識を紹介しましょう!

ケープペンギンとフンボルトペンギンの見分け方。

フンボルトペンギンフンボルトペンギン南米の温帯に住む。くちばしの根元に注目。
「ピンク」ですね。
首の下にある「黒い帯」が太めなのが特徴です。

ケープペンギンケープペンギンこちらはアフリカに生息。
非常に似ていますが、くちばしの根元に注目。
「黒」ですね。代わりに目の上にピンクの模様があります。
首の下にある黒い帯は細め。

マゼランペンギンマゼランペンギン三津シーパラダイスにはいませんでしたが、ついでに覚えておきましょう!

上記2種類に似ている「マゼランペンギン」はというと、顔はどちらにも似ています。
首の黒い帯に注目!
なんと「2本」あります。

この3種は日本の動物園や水族館でも多くみられるペンギンなので、見分けられると・・・、ちょっとだけ尊敬されるかも?

アシカやアザラシも。

カリフォルニアアシカ

他にもカリフォルニアアシカやゴマフアザラシもいますよ。

かわいい動物たちに会いにいきましょう。

海の中のイルカ!

海の中のイルカ

海獣といえばこちらも忘れてはいけません。

ハンドウイルカ。

湾の奥にある静かな海に網を張って飼育されています。
自然の海を利用しているので、小魚たちも一緒に泳いでいます。

小魚と一緒に泳ぐイルカ

イルカのショーもこちらの海を利用して行われます。
(奥のプールでもショーが行われています。)

イルカのショー

海水もきれいで透明度はバッチリ。
桟橋からみていると顔を出して挨拶してくれたり、飼育員さんと戯れたり。

すごく近くで見られるし、イルカもこちらをジーっとみてくるのでコミュニケーションをとれるかもしれませんね。

水槽エリアも楽しめる!

海水魚水槽

私、この三津シーパラダイスには、以前にも来たことがあるのですが、少し中が変わったように思いました。

キレイな水槽がたくさんあって、次の水槽をみるのが楽しみになっちゃいます。

キレイな魚から変わった姿の魚まで。美しい水槽ハギの仲間

深海に棲むアンコウの仲間アンコウの仲間

ウツボだらけの水槽まで!中のドームから中を覗けますよ。ウツボの水槽

以前訪れたときには、クエやタマカイがいたのですが、今回はいなかったですね。クエタマカイ

水族館は行く時期によって魚がずいぶん入れ替わっていくのが特徴です。
なので、行ったときによってみられる魚が変わるので、何度も楽しめちゃうんですね。

昔はペンギンやひれ脚類がいた施設が閉まってしまっていました。(残念)現在は閉鎖された施設

こちらの本もおすすめ!日本の怪魚たち!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。子供の頃、マンガの「釣りキチ三平」が好きでした。中でも、印象に残っているのは、水鳥をも飲み込む巨大イワナの話。最近でも、テレビなどで「怪魚ハンター」とか放送されているとどうしても見てしまいま[…]

クエ

沼津エリアの他の観光施設と絡めて楽しめる。

飼育員さんと戯れるイルカ

沼津エリアだけでも水族館は、今回紹介した【三津シーパラダイス】のほかに、

【あわしまマリンパーク】

関連記事

こんにちは。ケンスケです。伊豆半島には、生き物好きが楽しめるスポットがいっぱいありますね。あわしまマリンパークといえば、「水族館」。【あわしまマリンパーク】は、伊豆半島のつけ根、沼津港からも近い駿河湾に浮かぶ淡島[…]

あわしまマリンパークのカエル
【あわしまマリンパーク】は三津シーパラダイスから車で5分!

【沼津港深海水族館】

関連記事

こんにちは!ケンスケです!深海。深い深い海の中。生物たちはどんな風に過ごしているのでしょうか?科学の発展によってその世界も見られるようになってきましたがそれもほんの一部。まだまだ知られていない深海の世界があるんです。[…]

があります。

さらに水族館だけじゃなく、三島周辺には【三嶋大社】や【楽寿園】など楽しめる観光スポットがたくさんあります。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。沼津・三島地域に旅行したらぜひ行っておきたいのが、【三嶋大社】。全国いろいろなところにある神社は、歴史も古いところが多く、その時代における有力者たちとも深いつながりがあったりします。今回紹介[…]

三嶋大社
関連記事

こんにちは。ケンスケです。「皇室ゆかりの庭園」「ジオサイト」(地形や地質のなりたちをみられる場所)「動物園」「郷土資料館」「自然林」「イベント広場」JR三島駅前にある【楽寿園】はこれらが全部いっしょに見られる[…]

楽寿園菊まつり

【三津シーパラダイス】では、ゆっくり館内をみて回っても2~3時間。他の施設も充分にみてまわれます。

水族館で充分に楽しんだあとに、沼津港でおいしい食事を楽しむのもおススメです。

関連記事

こんにちは。ケンスケです!突然ですが・・・、あなたはとくに予定のない週末。どんなふうに過ごしていますか?今日は日常の仕事や家事に疲れている方、もっと充実した休日を過ごしてみたい方、どちらにもおすすめできるスポットをご紹介[…]

最後に。

オキゴンドウの芸

さてさて、いかがでしたか?
沼津地域から伊豆半島にかけては、楽しい観光スポットがたくさんありますね。

私の家からも圏央道を使えば、沼津まで2時間ぐらいです。
連休じゃない週末でも充分往復できる距離にあるので、これからも訪れた施設をじゃんじゃん紹介していきますね。

こちらもおすすめ!三島駅からすぐそば【楽寿園】

関連記事

こんにちは。ケンスケです。「皇室ゆかりの庭園」「ジオサイト」(地形や地質のなりたちをみられる場所)「動物園」「郷土資料館」「自然林」「イベント広場」JR三島駅前にある【楽寿園】はこれらが全部いっしょに見られる[…]

楽寿園菊まつり

沼津・三島を1泊2日で満喫しちゃおう!モデルコースを提案します。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。沼津近辺から伊豆半島には、親子やカップルで楽しめる動物園や水族館が豊富にありますね。一般的な動物園・水族館からマニア向けの専門的な施設まであります。今回は、東京から1泊2日で、ちょうどい[…]

キタオットセイ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【熱川バナナワニ園】は天候を気にせずに楽しめます。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。伊豆半島に行ったことがある方は、「伊豆ってなんか本州と違うな~?」なんて思ったことはありませんか?私もなんとなく「南の島の気配」を感じていました。実はこの感覚。正しかったんです!伊豆[…]


【体感型動物園iZoo】では虫類を楽しむ!
関連記事

こんにちは。ケンスケです。爬虫類(ハチュウルイ)専門の動物園ってご存じですか?私は生き物全般に興味をもっていますが、今まで行ったこともありませんでした。爬虫類は一部の方々には昔から人気がありました。私も子供の[…]


【KawaZoo】はカエル専門の動物園。
関連記事

こんにちは。ケンスケです。古池や~蛙飛び込む 水の音。最近、カエルグッズが人気になってきましたね。以前は一部のマニアの間でしか人気がなかったものですが、カエル好きな女子も増えているようです。でも、なかなかカエルを中心[…]


【伊豆アニマルキングダム】でホワイトタイガーをみよう!
関連記事

こんにちは。ケンスケです。最近、伊豆にハマっています。私は生き物が好きなので、動物関係の施設が多い!しかも、特別大型ではないんだけど、けっこう特化型。なにかのテーマを深く掘り下げるタイプの施設が多いです。[…]

海で泳ぐイルカ
最新情報をチェックしよう!