多摩動物公園。行くなら秋がおすすめ!

こんにちは。ケンスケです。

今日は

『多摩動物公園。行くなら秋がおすすめ!』

です。


私は幼いころから動物園が好きで今まで数えきれないくらい行っています。

でも動物園ってタイミングが悪いと結構、苦行になったりもするんです。

では、どの季節がいいか?っていうと

やっぱり秋ですね。

まぁ、理由はなんとなく想像がつくとは思いますが、一応最後まで読んでみてください~。

多摩動物公園へのアクセス

ホームページはこちら

https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/directions.html


駐車場は有料で正門近くにあります。
でも、晴れた休日にはすぐにいっぱいになってしまいます。周りに民間の駐車場がたくさんありますので利用しましょう。(実はこっちの方が少しお安かったりします。)

障害者用の駐車場が正門前に3台ありますので必要な方は利用させてもらいましょう。

料金

一般    600円  (パスポート2,400円)

中学生   200円  
65歳以上 240円  (パスポート1,200円)

おすすめは年間パスポート。1年間に4回以上行く方はこちらを購入しておきたいですね。
多摩動物公園は広大な敷地です。そのため一回で全部周ろうとするとかなりクタクタ。
それぞれの動物舎も結構な距離があります。
タイミング悪く動物が隠れていて後で周ろうと思っても、遠すぎて断念。な~んてことも。
年間パスポートがあれば、何度も通えるので便利ですよね。

開園時間

9:30~17:00(入園は16:00まで)
水曜日休園(祝日や振替休日の場合は翌日)

ですが、15時ごろに動物舎に帰ってしまう動物もいるので情報に注意しておきましょう。

気候がいい!

それでは、秋をおすすめする理由をみていきましょう。

9月後半から11月半ばくらいは日中の気温も過ごしやすく落ち着いています。18℃~25℃くらいでしょうか。
人間がいちばん過ごしやすい気温です。

なんせ多摩動物公園は広いのです。その上、丘陵地にあるのでルートのほとんどが坂道。軽い登山の気持ちでいきたいところです。
真夏の暑い時期はかなり体力的にこたえます。
真冬の寒い時期に防寒対策をしていくと汗をかきます。その汗は動物を見ている間に冷えて今度は寒い!

ということで、残る選択肢は春か秋になりますよね。
もちろん春もおすすめです。園内にはいろいろな植物がみられ、花も楽しみの一つです。

それでも、秋にお勧めしたいのは
動物がいちばん活動的!
だからです。

先ほど「18℃~25℃がヒトは過ごしやすい」といいました。
人も恒温動物。そして多摩動物公園でみられる動物のほとんどが恒温動物です。
この時期はほとんどの動物が活動的に動いています。
春ももちろんいいのですが、寒い冬の名残でまだ活動的でない動物もいるような気がします。(タイミングにもよるかもしれませんが・・・。)

その点暑い時期から涼しくなってくる秋はほとんどの動物が活発に動き回っていることが多いです。

動物の赤ちゃんがみられるかも!

ご存じかもしれませんが動物の出産は4月ごろから5月に多くなっています。
じゃあ、春がいいじゃん。
と言われるかもしれませんが、出産後はデリケートな時期なので非公開のことが多いのです。

「春に生まれた赤ちゃん&出産後のお母さん、気候の落ち着てきた秋に公開!」
ってことも多いので楽しみのひとつですね。
お母さんに寄り添う赤ちゃん動物の姿が見られるかもしれません。

正門近くに掲示板があり、そこにはイベントや赤ちゃん動物の公開時間などの情報が出ていますので動物たちを見に行く前には要チェックです。

秋の紅葉

多摩動物公園は広い広ーい丘陵地。周りは山に囲まれています。園内にも雑木林が広がっていてたくさんの種類の樹木があります。
ってことは10月後半から11月ごろにはきれいな紅葉がみられるかもしれません。

注意点

秋の天気の良い日には結構な混雑具合です。
飲料水の自販機は園内各所に配置してありますが、レストランは1か所(アフリカ園)、軽食3か所(入口近く・アフリカ園・オーストラリア園)と少なめです。
お昼時間をずらしたり、お弁当を持参するなど工夫しておきたいです。園内各所にベンチやテーブルなどが設置されていますのでピクニック気分で利用しましょう。

園内の動物舎を全部歩くと7キロともいわれる広大な敷地。
さらに坂道が多いため、重いブーツやサンダルなど歩きにくい靴はやめましょう。潔く運動靴か歩きやすい靴をお勧めします。

子連れの方や高齢の方などたくさん歩くのが困難という方は園内を周遊するバスも無料ですのでうまく使ってたくさんの動物を見たいですね。

また、入口のウォッチングセンターでコインロッカーや車いす、ベビーカーの貸し出しもありますので必要があれば利用してくださいね。

最後に

多摩動物公園は動物の種類も頭数も日本有数の動物園です。しかも広い敷地を活かしての展示方法も工夫していて、動物にも人にも優しい施設になっています。

今回私がおすすめしたのは「秋」ですが、
季節によっても動物の表情や行動が違いますので、皆さんもご自分の好きな時期を探してみてくださいね。

以下の記事で各エリアを詳しく解説していますので、予習していくとさらに楽しめます!

多摩動物園アジア園。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。多摩動物公園は「ひとつひとつの動物を飼育する場所が離れていて歩くのが大変」っていう人がたくさんいます。でもそれが魅力のひとつでもあるんです。次の動物に行くまでになんとなくドキドキしませんか?子供はな[…]

関連記事

こんにちは。ケンスケです。多摩動物公園アジア園の紹介です。広い敷地にたくさんの動物が飼育されているこの動物園。今回は多摩動物公園マップの真ん中あたりから右側を紹介していきます!『多摩動物公園。アジア園、世界の希少[…]

多摩動物園オーストラリア園。

関連記事

こんにちは。ケンスケです!多摩動物公園は全ての動物を見るのにまるまる1日はかかります。ここは敷地が広大な上にほとんどが坂道。それに動物の種類や数が多く、ひとつひとつ見ていくと時間がかかるからなんです。日頃から運動[…]

多摩動物園アフリカ園。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。多摩動物公園って広いですよね。動物の種類や数もたくさん!私は世界に誇れる動物園だと思っています。多摩動物公園は4つのエリアに分かれています。〇昆虫園〇アフリカ園〇アジア園〇オ[…]

多摩動物園昆虫園。

関連記事

こんにちは!ケンスケです。多摩動物公園は生息域の4つのエリア(アジア園・アフリカ園・オーストラリア園・昆虫園)に分かれて動物たちを展示しています。文字通り「アリからゾウまで」展示しているんですね。今回は『多摩動物公園。昆虫園[…]

最新情報をチェックしよう!