【カブトムシ】卵産んだら?孵化するまでにやっておくこと!

こんにちは。ケンスケです。

ケンスケアイコン

カブトムシを飼育しているといつの間にか、

幼虫が~!

っていうことがあります。

そうじゃなくっても、成虫のゼリーを交換しているときに不意に卵を見つけることもあります。

カブトムシは成虫の期間は約2か月

成虫の時期はひたすら子孫を残すために活動しているといっても過言ではないでしょう。

それはともかく今回の記事は、

「カブトムシが卵を産んだけどどうすればいいの~?」

って困った方に読んでいただけると嬉しいです。

【カブトムシ】卵産んだら?孵化するまでにやっておくこと!

羽化したカブトムシ

関連記事:カブトムシやクワガタが死んでしまったら・マットの処分方法は?

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシやクワガタを飼育していて欠かせないのが、マット交換。古いマットはカビが生えてきていたり、ダニやコバエが湧いたり、エサの昆虫ゼリーがこぼれたりして汚れています。さらに、夏[…]

オオクワガタメス

カブトムシが羽化したマットから?!

 

カブトムシの卵

私はカブトムシが蛹から無事に羽化してきたら、別のケースに移しています。

まだ蛹の状態の他個体に干渉して、羽化不全を起こさせないためです。

で、

ひとつのケースから全部が無事に羽化したので、そのケースを処分しようとしたところ・・・

カブトムシの卵

卵15個ぐらいを発見!

慌ててマットをケースに戻しました。

どうやら蛹から羽化してから

交尾

産卵

していたようです。

ほぼ毎日、

「早く羽化しないかなぁ~」

って観察していたのに、気づかなかったのです!

たぶん、私が観察するタイミングでは、マットの中に潜っていたのでしょう。

しかも数個ならともかく15個も産んでいました。

基本的には羽化したての時期は、

まだ成熟していないので、交尾も産卵もできない!」はず。

でも、活動してすぐでも産卵することもあるんです!(経験者)

基本は性成熟してから産卵!

カブトムシの交尾

まぁ、今回のように羽化したての成虫が産卵することは稀です。

基本的に性成熟するまでに(羽化してから)

後食(エサを食べ始めるまで)1週間
後食してから1週間

必要だといわれています。

ですが、オスとメスを一緒に飼育していると、それよりも前に産卵してしまう場合があるようですね。

カブトムシの飼育方法を見ていると産卵の時期は

8月~9月

と書かれているものが多いです。

が、成虫になって活動を開始してすぐにでも産卵するケースもあるので日頃からしっかり観察しておきたいですね。

こちらも今年、羽化したケースを開けてみると、

カブトムシ交尾
【交尾中】でした。
羽化したばっかりでも交尾してしまうことがあるようです。

放っておくとどれだけ産むの?

カブトムシのメス

カブトムシのメスは交尾を終えると、マットに潜って産卵し始めます。

多くが20~30個ほどですが、放っておくと50個、さらには100個近く産む個体もいるようです。

産卵には体力が必要で、羽化から早い時期(若い個体)の方が多く産む傾向にあります。

メスは産卵を続けていくうちに確実に弱っていきます。
長く成虫を飼育したい場合は、「産卵させない」(オスとメスを別で飼育する。)のも選択肢のひとつです。

【産卵セット】(産卵させるためにつくる飼育ケース)を使用する場合では、メスを投入して2週間ほどで20~30頭ぐらい幼虫が採れました。

※あまりにたくさん生まれすぎると飼育も大変になります。
飼育できるぐらいでメスを別ケースに移して、産卵数を調節しましょう。

産卵数を調節する方法
1週間ごとぐらいに産卵セットを割り出します(マットから卵を回収する)。
回収した卵は別ケースに移して、少ない時はもう一度産卵セットを組みなおします。
何度か繰り返して、欲しい卵の数が採れたら、メスを別のケースで養生させる方法です。

カブトムシの卵は小さい!

カブトムシのマットから卵が出てきた!

カブトムシの卵はかなり小さいです。
大きさは、メスの大きさによっても変わりますが、

だいたい1~2㎜。

形は「やや細長い楕円形」

色は「白」⇒「薄い黄色」

産卵直後は白ですが、孵化が近くなってくると黄色っぽくなってきます。

あまりに小さく、もろいので指でつまもうとせず、スプーンなどで周りの土ごとすくうように扱いましょう

孵化までは1週間~2週間。

扇風機

日本のカブトムシは産卵から1~2週間で孵化します。
温度によっても孵化する期間は変わります。

だいたいカブトムシが産卵する時期は、

「夏真っ盛り!」

気温は30℃を超える日がほとんどです。

温度が高い方が早く孵化しますが、あまりに高温だと卵ごと死んでしまいます。

30℃は超えないように工夫しましょう。
(真夏の飼育管理についてはまた別の記事で書きたいと思います。)

孵化までに必要な準備

卵を発見したら、産卵で使ったマットを別の容器に移しておきましょう。
(成虫の飼育に針葉樹マットを使っていた場合は幼虫用のものに替えておきます。)

卵が孵化するまで一時的に管理するためのものなので、
プリンカップ」で充分です。
なければ、どんな容器でもかまいません。上にラップをして乾燥を防ぎます。

〇飼育ケース

飼育ケースにマット

一時的なカップで管理しているスキに飼育ケースを用意しておきましょう。

卵の数が多ければできるだけ大きい方がいいですね。小さいケースを複数用意するのもアリです。

カブトムシの卵は1~2㎜程度。そこから生まれてくる幼虫はもっと小さいです。
最初のうちは小さいケースでも大丈夫ですよ!

ただし!

カブトムシの幼虫はあっという間に大きくなります。

2週間ほどで丸くなった状態で5㎜~1㎝ぐらいにもなります。
できれば、早めに大きめのケースを用意しておきましょう。

目安として、横幅18㎝ほどの飼育ケースMで3~4頭、横幅30㎝ほどのLケースで6~8頭ぐらいは羽化させることができます。

コバエシャッターはコバエの侵入を防ぐように作られたフタが便利です。
新聞紙などを挟む手間が省けるのでお勧めですよ!


〇カブトムシ幼虫用の発酵マット

二次発酵の黒っぽいマットが成育に適しています。
パッケージに「カブトムシ幼虫用」とか「カブトムシの幼虫の絵が描いてあるものを選びましょう。

必ず「ガス抜き」を行います。

※ガス抜き
2~3日マットを空気にさらします。
「再発酵」といって、温度が高くなり、ガスが発生することがあります。ガス抜きをせず、マットが再発酵してしまうと幼虫が弱ったり、死んでしまったりします。

タライやビニールシートにマットを広げて、全体的に加水して、2~3日空気にさらしておくだけです。
加水はマットが軽く湿る程度で充分です。

カブトムシ幼虫飼育のマットについてはこちらの記事をご覧ください。
【カブトムシ】幼虫。初心者でも簡単。マット交換と育て方を紹介!
飼育用マットの選び方はこちらの記事をご覧ください。
関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシを飼育するのに多くの人が利用しているのが、「マット」(土)!!!でも、マットの種類ってたくさんあってどれを使っていいか分かりにくいですよね。今日は、カブトムシの成長ステ[…]

カブトムシ多頭飼育

マルカンの「バイオ育成カブト虫マット」は、値段も手ごろで大きく育つのでお勧めです。


フォーテック社の「カブト一番」は評判もかなりいいですよ。(ガス抜きをしないとちょっと匂いが強いです)


孵化までに気を付けること!

カブトムシの孵化

カブトムシの卵は、実は全部が無事に孵化できるわけではありません
途中でカビてしまったり、そのままふ化できずにしぼんでしまうものもあります。

卵が30個ほど採れても、孵化できるのは15~20個ほどでしょうか。
でも、ポイントを押さえておけばふ化率も上げることができますよ。

〇安静

卵はやわらかい殻で覆われています。
そして、卵があるのはマットの中。多くがケースの底近くです。
この時期に振動や衝撃を与えると、マットの重みや衝撃で柔らかい殻は壊れてしまいます。

なるべく安静にしてあげましょう。
割り出しのときにも、プラスチックなどの柔らかいスプーンで土ごと救うように扱います。

他のケースに移すときやマットを上からかぶせる時にも優しく卵を壊さないようにしてくださいね。

〇温度

適温は25℃~28℃です。
ですが、夏場は温度管理も難しいですよね。

なるべく30℃を超えないような場所に置きましょう。
超えてしまってもすぐにダメになるわけではありませんが、長時間30℃超えないように気を付けましょう。

〇湿度

こちらも適度にマットが湿っている状態がいいです。

ただし、湿気が多いとカビや雑菌が繁殖しやすい状態。

孵化率を上げるには、乾燥しすぎないようにマットが少し湿っているぐらいを目指しましょう。

コツは霧吹きでマットを少し湿っている状態。
乾きやすいですが、これをこまめに加湿することで対応します。

さらに、マットの上に木の皮や枯葉で乾燥を防ぎます。
加湿の際は木の皮や枯葉をよけてから行います。

〇カビ

マットが湿りすぎていると卵にもカビが生えてしまうことが多いです。
ただ、卵は周囲の水分を少し吸収するようですので、湿度は必要です。

強い卵はカビが生えずにきちんと孵化します。
弱い卵や孵化できない卵はカビてしまうということも頭に入れておいてくださいね。

卵から孵化したら。

孵化して2週間

卵から無事に孵化するとち~っちゃい幼虫が出てきます。
まだまだ弱い弱い状態です。

孵化したマットでそのまま直径1~2㎝ぐらいまで(2~3週間)育てます。

そのあとはマット交換をして、幼虫飼育の始まりです。
来年も成虫が見られるように楽しみに育てましょう!

カブトムシ幼虫飼育をまとめた記事です。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。子供のころカブトムシを育てたことがある方は多いですよね。そんな方も育て方を忘れてしまっていることもあるでしょう。また、お子さんができて初めてカブトムシを育てる!っていう方もいると思います。[…]

産まれたばかりのカブトムシ幼虫

最後に。

カブトムシ卵の飼育

カブトムシ飼育では、「安静」にする時期が2回あります。
「卵」の時期と「蛹」の時期ですね。

卵で取り出すのは壊してしまう危険があるので、できれば孵化して幼虫の時期に取り出すのもひとつの方法です。

カブトムシ飼育は大変なことも多いのですが、やっぱり世話して羽化したカブトムシが卵を産んでくれたら嬉しいものです。

絶対に逃がしたりせずにかわいがって飼育してみてくださいね。

カブトムシ成虫飼育【まとめ】

関連記事

こんにちは。ケンスケです。梅雨の時期から夏にかけての時期は、カブトムシが成虫として活動する季節ですね。1年近く幼虫で過ごしたカブトムシたちが、子孫を残すために姿を変えて地上に降臨します。そんなかわいくて、カッコい[…]

カブトムシ飼育

カブトムシの繁殖のさせ方について紹介しています。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシは約10か月もの期間、幼虫で土の中で過ごします。約1か月サナギの期間を経て、成虫として子孫を残すために行動します。せっかくカブトムシの成虫を手に入れたんだから来年もその姿が見たい![…]

カブトムシ成虫

カブトムシの飼育マットの種類と選び方について紹介しています。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシを飼育するのに多くの人が利用しているのが、「マット」(土)!!!でも、マットの種類ってたくさんあってどれを使っていいか分かりにくいですよね。今日は、カブトムシの成長ステ[…]

カブトムシ多頭飼育

カブトムシ幼虫飼育のマット交換について紹介しています。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシの幼虫を飼った経験のある方はよくご存じだと思うのですが、2カ月も放っておくといつの間にか、フンだらけ!ってことになったことありますよね。今回は初心者の方に1.マット交換[…]

カブトムシ幼虫

孵化したカブトムシを大きく育ててみよう!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。最近、読者の方から「カブトムシの記事ばっかりじゃん!」って怒られました。というわけで、今回もカブトムシの記事いってみましょう!だって、カブトムシの記事が最近人気なんです。やっ[…]

樹の幹にいるカブトムシオス

カブトムシはひっくり返る理由!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシを飼育していると絶対に見られる光景があります。ひっくり返っている!!!そう、カブトムシが亡くなる原因もこの「ひっくり返る」ことが原因のひとつだったりもします。カブトムシは、平面[…]

つかまるカブトムシ

カブトムシ幼虫飼育のトラブル!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシは飼育するのに、難しい知識や特別な道具が必要なわけではありません。だれでも簡単に育てることができる生き物です。でも、生き物ですから、たまにはうまくいかないことも失敗して[…]

カブトムシ飼育「あるある」

関連記事

こんにちは、ケンスケです。カブトムシ。私も子供のころ、幼虫から育てていた記憶があります。都会で育ったせいか、無性に憧れるんですよね。大人になり、そんな気持ちも忘れていたころ、ひょんなことからカブトムシを手に入れて[…]

カブトムシ真正面

カブトムシを野外で採集してみよう!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。虫好きなお子さんには今も昔もカブトムシやクワガタが大人気ですよね。ちょうど10年ぐらい前には「ムシキング」が流行したりして、人気に火が付いた感じです。そのころムシキング大好きだった少年たちが[…]

カブトムシの足の作りはどうなっているの?

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシって、手や指に掴まらせると「ギュー」って握りしめてくれて、なんだか赤ちゃんが指を掴む力に似ていてうれしくなりませんか?(・・・そんなことないか~。)でも、手や腕につかま[…]

カブトムシの顔

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カブトムシの孵化
最新情報をチェックしよう!