採集したアカアシクワガタから幼虫が採れたぞ!の巻

こんにちは。ケンスケです。

ケンスケアイコン

突然ですが、この花ご存じですか?

アカシアの花

そう、

「アカシア」

黄色いアカシアの花言葉は

「秘密の恋」

意味深ですねぇ~。

さて、「アカシア」といえば・・・?

サンマ

サンマ!

じゃなくて、

「アカアシクワガタ」

ですよね!

え?
ご存知ない?

ということで、いってみましょう。

『採集したアカアシクワガタから幼虫が採れたぞ!の巻』

春にも生存していたアカアシクワガタ
青森県で採集したアカアシクワガタ

アカアシクワガタは標高の高いところにいるクワガタです。

その名の通り、「赤い脚」が特徴です。

アカアシクワガタ腹側

ミヤマクワガタと同様に低めの気温で生息しています。
日本全国にいますが、自然が豊かな地域に多く、低地や都市部ではあまり見かけないクワガタです。

昨年の夏、城めぐりに秋田~青森を訪れたときにキャンプ場で昆虫採集をしました。

そのキャンプ場は山深いところにあり、周りはブナの林。

実はここで期待していたのは、

「ヒメオオクワガタ」

オオクワガタと同じくらい天然で採集してみたいクワガタです。

ヒメオオクワガタが生息するのは、自然環境が豊富なブナ林

ここはいるかも!

と期待したのもつかの間。

「クマ出没!」
「林に入らないでください!」

の看板。

そういえば、今年の春ごろ、山菜採りやキノコ採りに来た方が被害にあう事故が多かったのでした。

いくら「憧れ」でも、山でクマと会う恐怖に比べたら、やっぱり命の方が大事です。

ここは諦めて、キャンプ場内で外灯採集に切り替えます。

そこで採れたのは、

カブトムシ
ノコギリクワガタ
ミヤマクワガタ
コクワガタ
アカアシクワガタ

キャンプ場内で採集している親子もいたのであげたりもして、持って帰ったのは、

ノコギリクワガタ♂♀
ミヤマクワガタ♂
アカアシクワガタ♀×3
コクワガタ♀

こうして、アカアシクワガタのメスを手に入れたのでした。
実は小さい2~3㎝くらいのメスだったので、どうせコクワガタだろうと思って、あまり確かめもしなかったのです。

テントに戻って成果を眺めていて気付きます。

「あれ、アカアシじゃね?」

もしかしたら、

「あげてしまったクワガタの中にもアカアシクワガタがいたかも」

と考えると夜も眠ることができませんでした・・・

うそです。
ぐっすり眠れました(笑)

春になっても生存。

春にも生存していたアカアシクワガタ

残念ながらアカアシクワガタのオスが採れなかったので、そのままクヌギの材を入れた産卵セットに投入していました。

※野外で採集したメスの多くが「交尾済み」といわれています。

高温が苦手なクワガタなので、1階リビングで快適に過ごしたアカアシクワガタ。

秋になっても産卵した様子はないので、そのまま放置。
いや静観していたのですが、春になり暖かくなってきたのでようやく暴いてみることにしました。

アカアシクワガタ産卵セット

結果。

3匹中2匹が生存。
幼虫も4頭。

アカアシクワガタの幼虫

で、今回もいたんです。

ヤツが!

コメツキムシの幼虫

(苦手な方ごめんなさい。)

これ、コメツキムシの幼虫
肉食で、クワガタムシの幼虫も捕食されるんです。
だいたい、コメツキムシの幼虫が出てくるとクワガタ幼虫も少ない結果に終わります。

まぁ、今回は放置時間が長すぎて、メスに食べられてしまった可能性もあるんですが。

アカアシクワガタは、自然界では秋になると寿命が尽きてしまう昆虫ですが、わが家のように環境が良ければ飼育下では次のシーズンまで楽しめるクワガタです。

アカアシクワガタでも使える産卵セットの組み方。記事はヒラタクワガタですが、アカアシクワガタでもOKです!

本土【ヒラタクワガタの産卵】の方法。材とマットを用意すると簡単!

幼虫をマット飼育

今回獲れた幼虫は、マット飼育で様子を見ます。
菌糸ビンで飼育した方が早く大きく育てられるのですが、菌糸ビンが手元になかったもので。

今回使用したマットはコレ。


 粒子も細かくて、成虫の産卵にも使えます。
少し乾燥しやすいような気もしますが、こまめに加湿してあげれば大丈夫です。

なんとかオスとメスのペアにして、もう一度繁殖させてみたいと思います。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。子どものころ憧れだった「オオクワガタ」。いつか飼育してみたいと思いながら、いつの間にか大人(おじさん)になっていました。そんな少年の心も忘れかけていたある日。妻の実家からの帰り道で立ち寄[…]

オオクワガタオス

最後に。

クワガタのメスって採集したときに、どれも同じに見えちゃいますよね。

うつ伏せだとほぼ一緒。

クワガタメスの種類

右からスジクワガタ、コクワガタ、アカアシクワガタ

裏返すと、

アカアシクワガタメスの腹側

脚が赤いからこれで分かります。(元気が良くてブレちゃってますが)

まだ元気なアカアシクワガタ2頭は、今年も産んでくれるか分かりませんが、もう一度産卵材を埋めたセットに入れました。

幼虫たちも夏前にはマットの交換をして、来年には成虫になってくれるはずです。

まだ、アカアシクワガタのオスは飼育していないのですが、写真で見ると

「けっこう、かっこいい。」

クワガタですね。

今年も夏場、またキャンプへ行くので探してみようと思います。

キャンプ場で出会った珍しい生き物の記事も読んでみてくださいね。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシやクワガタを採集しているといろんな生き物に出会います。現地で出会っても、知らないとそれが珍しいものなのかどうかは分かりませんよね。私も都会ではなかなか見られなかった虫とたくさん[…]

アカアシクワガタと一緒に採れたノコギリクワガタも繁殖できました。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。ノコギリクワガタ。私は毎年、初夏になるとクワガタ採集に行きます。わが家から原付で20分ぐらいの場所で採集するのですが、年々採集しにくくなっているように感じます。それならば自分で増やそうと思い[…]

ノコギリクワガタのオス

オオクワガタの「割り出し」作業を解説しています!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。当たり前のことですが、国産オオクワガタは日本の気候によく合っているので、国内ではかなり丈夫で飼育しやすいクワガタです。他の国産クワガタに比べて大きく育ち、ブリーディングも盛んに行われているので、[…]

オオクワガタのオス

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アカアシクワガタ腹側
最新情報をチェックしよう!