異種の動物たちが仲良し?!癒やしのフォトブック。びっくりどうぶつフレンドシップ

こんにちは。ケンスケです。

ケンスケアイコン

最近、なんか疲れたなぁ~。

って感じているあなた!

癒やしのフォトブックを紹介します。

種を超えた動物たちの触れ合いと優しい表情が日常で疲れた心を癒やしてくれます。

動物好きにもピッタリ。

お互いを信頼し合った動物どうしにホッコリ。

一緒に過ごすことになった経緯にシンミリ。

文章はジェニファー・S・ホランドで、翻訳はあのムツゴロウさん、畑正憲さん。

写真の解説と文章は私たちの心に優しく語りかけてくれるようです。

自宅のリビングに1冊置いておくと、いつでも心安らぐことができますよ!

ヒツジとブタ

異種の動物たちが仲良し?!癒やしのフォトブック。びっくりどうぶつフレンドシップ


こんな人におすすめ!
動物が大好き!
日頃、ストレスが溜まっている人!
心癒される時間を欲している!
夢の共演が見てみたい!

種を超えた動物たちの愛情表現!

モルモット・うさぎ・アヒル

オランウータンとネコ?
トラとライオンとクマ!
イグアナとネコ!
ゾウとヒツジ?

この動物とこの動物が?!っていう種を超えた組み合わせの写真たちがみられます。

その数なんと47組

しかも!

その動物たちの優しげで愛情に溢れたような表情がたまらないんです。

喜びや悲しみ、愛おしいと思う心は、

「人間だけの感情じゃない!」

ってことがわかるはず。

生きていれば、仕事や日常で心がささくれだってくることだってありますよね。

でも、そんなときにこそ、この本を開けてみてほしいんです。

自分が優しい気持ちになっていれば、心に余裕ができて他の人にも優しくできる!

そんな動物たちの表情で心温まる本なんです。

スマトラトラ

文章と翻訳が心温まる!

 

カピバラに乗るリスザル

どうしても、【びっくりどうぶつフレンドシップ】では動物たちの写真に目が行きがちです。

でも、それだけじゃもったいない!

解説文にも目を通してみてください。

書いてあるのは、動物の解説。

じゃなくって、その動物たちの境遇と動物たちの日頃の様子。

その文章は決して説明的な文章じゃなくって、なんだか温かい言葉の数々

著者のジェニファー・S・ホランドの言葉を動物の心が分かるムツゴロウさん(畑正憲)が翻訳しています。

ムツゴロウさんは動物の専門家だけじゃなくって作家でもあるんです。

そんな二人が紡ぐ言葉は私たちの心も癒やしてくれます。

リラックスした動物の表情!

ネコとアヒル

私たち、人間も「動物」なんです。
一緒に暮らしているペットのイヌやネコ、ウサギやハムスター。

動物たちの表情を見て、怒っているのか、楽しんでいるのか、悲しんでいるのか、私たちはなんとなくですが、理解できますよね。

【びっくりどうぶつフレンドシップ】の写真に出てくる動物たちの表情は、み~んな優しい表情をしています。

少なくとも異種の動物たちを警戒している表情ではありません。

いっしょに戯れたり、くつろいだりしている姿は、リラックスしている表情です。

完全にお互いが心を許しているように見えます。

私がいちばん好きなのは、「ゴリラとネコ」
手話のできるゴリラ・ココが子猫を大切そうに抱いているシーン。

たたずむゴリラ

握力700kgもあるゴリラの手のひらの上にのった子猫。
それをやさしそうに見つめるココ。

2匹の物語がすご~く心に残りました。

動物たちも人間と似たような感情を持っているんですね。

動物たちが仲良しになった背景にも注目!

くつろぐリクガメとアヒル

違う種類の動物たちがどうしていっしょにいることになったのか、ってことにも目を向けたいです。

理由はさまざまですが、中にはつらい事情で仲良くなったものたちも。

食べる━食べられるの関係、出会わなかったはずの関係、いろいろあるけど、結局はどちらも同じ「いのち」。

「いのち」と「いのち」が出会ったときに、どうなるかわかりません。

47組のなかよし動物たちがどのようにして出会って、どのように過ごしてきたかの物語にも注目してみてくださいね。

最後に。

私が、千葉県の【鴨川シーワールド】を訪れたとき、シャチが飼育員さんに与えられた魚をポーンと口で上手に投げ上げたのです。

そして、その魚をキャッチしたのは、なんとカモメ!

シャチがカモメにエサを与えていたのです。

まぁ、イルカなどでもみられる遊び食べをしていたのかもしれません。

でも、その場にいた人たちは、「エサをあげている」ように見えていました。

名古屋港水族館で見たシャチたちは、子供のシャチを間に挟んで守るように泳いでいました。

どこの動物園だったか、すっかり忘れてしまったのですが、隣り合ったオリのサルどうしがエサのやり取りをしていたのを目撃しました。

世界では、オオカミの群れに育てられた少女の話も有名です。

動物もヒトと同じように「慈しむ心」をもっているんですね!

アフリカゾウとアジアゾウ

【びっくりどうぶつフレンドシップ】は、どうしてそうなったかはともかく、人間にも動物にも「慈しむ心」があるのを確認できる素敵な本です。

ぜひ、家のリビングに置いて、何度も見てほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

びっくりどうぶつフレンドシップ
ジェニファー・S.ホランド/畑正憲 飛鳥新社 2013年08月31日頃
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

 

「生物多様性」ってな~に?

関連記事

こんにちは。ケンスケです。私が子供の頃、外国産のカブトムシやクワガタは、デパートのイベント会場でたまにおこなわれる企画で出展される標本でしかみられませんでした。ふだんは、図鑑でみながら胸を踊らせていたのを覚えています。[…]

ヒラタクワガタのオス

雑木林での夜の闘い!カブトムシVSカブトムシ
関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシとクワガタ。どっちが強いと思いますか?やっぱり、大きさで勝るカブトムシ!いやいや、俊敏に下から挟んでしまえばクワガタでしょう!そんな議論を少年のころ友達と話していた記憶[…]

カブトムシ対クワガタ

シーラカンスが生き残った理由とは?
関連記事

こんにちは。ケンスケです。シーラカンスのはく製って見たことありますか?私はまだ小学生のころ、東京にある「よみうりランド」ってところで見て、すっごく印象に残ったのを覚えています。それから、しばらくは忘れかけていたの[…]

絶滅しないコツ

どうしてホモサピエンスが生き残ったのか?
関連記事

こんにちは。ケンスケです。博物館に行くとよくみかけるのが、人類の進化の歴史を解説しているところ。興味はあったのですが、あまり詳しくなくて解説もそこそこに他の場所へ移動しちゃったりしていました。でも、よくU[…]

ジャングルの遺跡

日本の怪魚をテーマにした短編集【日本怪魚伝】

関連記事

こんにちは。ケンスケです。子供の頃、マンガの「釣りキチ三平」が好きでした。中でも、印象に残っているのは、水鳥をも飲み込む巨大イワナの話。最近でも、テレビなどで「怪魚ハンター」とか放送されているとどうしても見てしまいま[…]

クエ

カピバラとペリカンとリスザル
最新情報をチェックしよう!