本土ノコギリクワガタのメスの特徴。茶色がかった卵型のまん丸体型!

こんにちは。ケンスケです。

ケンスケアイコン

ノコギリクワガタは、日本ではそれほど珍しくないクワガタですね。

とはいっても、都市部に住んでいる方々は、なかなかみられない希少な種でもあります。

郊外では、林に面した道路の外灯やコンビニエンスストアの灯りにたまに飛んでくることもあります。

オスの特徴的な大アゴは「水牛」ともいわれ、人気のあるクワガタですが、メスはというと・・・、

「チャバネゴキブリ」と間違われてしまうことも・・・。

でも、クワガタが好きな方ならきっと魅力はわかるはず!
きちんと観察すると他のクワガタのメスよりもグラマーでかわいらしい外見をもっているんですよ。

そんなノコギリクワガタのメス。
どんな特徴をもっているのか、他の種のメスとの見分け方など紹介していきましょう。

ノコギリクワガタのメスはかわいい!

 

本土ノコギリクワガタのメスの特徴。茶色がかった卵型のまん丸体型!

ノコギリクワガタってどんなクワガタ?

ノコギリクワガタのメスは卵型といわれる体型が特徴

低地~山地中腹まで幅広い地域に生息するクワガタです。
気温の温暖化によって、高地での生息数が増えてきていて、高地性のミヤマクワガタやアカアシクワガタと競合するようになってきているようですね。

生息する場所はカブトムシとほぼ同じといっていいでしょう。
幅広い環境に適応するため、生息域も広いと考えられます。

個体数もコクワガタに次いで多いので、里山やハイキングでも見かけやすいクワガタです。

大型のオスは大アゴが湾曲し、その形状から「水牛」ともいわれます。
夜行性ではありますが、カブトムシとの競争のためか、昼間でも活動して樹液場で見かけることも多いですね。

ヒラタクワガタやコクワガタと違い、樹のウロにいるよりも木の枝の陰で休んでいるので、「蹴り採集」で落ちてくることも多いです。

オオクワガタやヒラタクワガタと違い、成虫になると越冬できずにそのシーズンで活動を終えます。
これがノコギリクワガタが他のクワガタよりも産卵数が多い理由なのかもしれませんね。

オスの身体はスマート(細長い)なために飛翔性も強く、近くの外灯にも集まりやすいです。

オオクワガタやヒラタクワガタのスタイルとはまた違った魅力があって、私はノコギリクワガタも好きな種類ですよ。

ノコギリクワガタの生態についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。⇒【国産ノコギリクワガタ】はどんなクワガタ?生態と魅力をご紹介!

本土ノコギリクワガタのメスの特徴

ノコギリクワガタは本州の多くの地域に生息する「本土産」と離島に生息する「亜種」がいます。

離島に生息する亜種も本土産と色合いが違ったりして魅力的なものも多いです。

今回は「本土産」のノコギリクワガタのメスの特徴を紹介していきます。

色・大きさは茶系

色は黒茶~赤茶まで個体差があります。
他のクワガタは黒い個体が多いのに対して、ノコギリクワガタは「赤」「茶」が入っているものが多いですね。

大きさもかなり個体差があって、2cm~4cmほど。

形状は楕円形の卵型

ノコギリクワガタの部位の呼び方

上から見ると頭部から前胸背板(ぜんきょうはいばん)連続した曲線に見えます。

横から見ると前胸背板と上翅の頭側が盛り上がっているのが大きな特徴。他のクワガタと見分けるポイントになります。

ノコギリクワガタ♀を側面からみると盛り上がっている

前脚の脛節(けいせつ)は直線的で先端にいくほど広がっていき、外側のトゲは大きめです。

点刻(細かいくぼみ)が無数に全体に広がります。
光沢は少ないのも特徴です。

他のクワガタよりも丸みが強くて、体高もあるのでボリュームがあるように見えます。

産卵場所

 

ノコギリクワガタ♀の特徴

ノコギリクワガタの産卵は「根食い系」といって、「朽ち木の根」部分かその周囲の土で行われます。

自然界では、地上に出た朽木ではなく、地中に埋まった朽木や根の部分に産卵していることが多いようです。

クワガタは、前脚の跗節(ふせつ)を折りたたんで、脛節をシャベルのようにして潜ります。
土に潜る種類は脛節の先端が幅広くなっています。

一方、朽ち木に潜るタイプのクワガタは、大アゴで穴を開けて掘り進むので、引っかかりにくいように直線的でトゲも小さくなっているのです。

ノコギリクワガタメスに似ているのは?

正面から見たノコギリクワガタのメス

自然の中でコクワガタの次に採集しやすい(関東では)クワガタですが、意外と迷うことがあるのが次の3種。

コクワガタ
ヒラタクワガタ
ミヤマクワガタ

違いをよく知って、採集したときに間違えないようにしておきましょう。
いくつか見分けるポイントを挙げていくので、複合的に判断しましょう。

コクワガタ

上から見たコクワガタのメス

コクワガタ♀とノコギリクワガタ♀の違いを見るときは、くびれと体高をみるとわかりやすいです。
(もちろん「色」も!)

コクワガタは、前胸背板と上翅のクビレが強いのに対して、ノコギリクワガタにはクビレがほとんどありません

横から見るとコクワガタは背部が平面的であるのに対して、ノコギリクワガタでは弯曲(山なり)になっています。

前脚の脛節はノコギリクワガタのほうが幅広いのも特徴です。

ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタ♀の特徴

意外とヒラタクワガタとの違いもわかりにくいことがあります。

ヒラタクワガタとの違いは、
ヒラタクワガタ♀はほとんど黒なのに対して、ノコギリクワガタ♀では、茶色~赤茶です。

前脚の脛節はヒラタクワガタは特徴的です。
ヒラタクワガタの前脚の脛節は内弯(O脚っぽい)しています。
ノコギリクワガタは直線的です。

背部もヒラタクワガタはあまり盛り上がらない(平面的)でノコギリクワガタは丸みを帯びているのが特徴。

ヒラタクワガタのメスの特徴を詳しく紹介
本土ヒラタクワガタのメス。間違えやすいクワガタとの違いは?

ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ♀の大アゴ

実物を比べてみるとわかりやすいのですが、採集現場で遠目では意外と見分けにくいのがミヤマクワガタのメス。

ミヤマクワガタのメスの色は黒~黒茶
そう、茶色がかった個体もいるんです。
ただし、ミヤマクワガタは光沢があって、肌はスベスベした印象。

捕まえてしまえば見分けるのは簡単。
見分けるポイントは大アゴと裏返した腿節(たいせつ)。
ミヤマクワガタの大アゴは太くて立派。

ミヤマクワガタ♀の腿節にはオレンジ色の部分がある

さらに、裏返すと腿節の前面が「オレンジ色」です。

体型もミヤマクワガタにはクビレがあるのでちゃんとみてみると分かりやすいですね。

ミヤマクワガタのメスを詳しく紹介している記事です。⇒国産ミヤマクワガタのメス。特徴は大アゴの太さと足のつけ根!

ノコギリクワガタのメスは採集しやすい?!

採集したノコギリクワガタの♀

ノコギリクワガタは飛翔性(ひしょうせい)も強いので、よく外灯に飛んできます。
実は私も仕事帰りにコンビニに立ち寄ったときに、ノコギリクワガタのオスが外灯にいるのを見かけたことがあります。

採集に行くと、だいたい捕まえられるのがコクワガタ。
で、その次に見つけられるのがノコギリクワガタのメスなんです。

もし、可能ならば雑木林のある公園の近くの道路にある外灯を周ってみるのもおもしろいかもしれません。
(公園内は採集禁止である可能性もあるので事前に調べておきましょう。)

ノコギリクワガタを「外灯採集」で捕まえてみよう。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。虫好きなお子さんには今も昔もカブトムシやクワガタが大人気ですよね。ちょうど10年ぐらい前には「ムシキング」が流行したりして、人気に火が付いた感じです。そのころムシキング大好きだった少年たちが[…]

クワガタ採集時に気をつけること。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。幼いころ、カブトムシやクワガタを見るとなんだかワクワクした気持ちになりましたよね。「ご自分のお子さんにも体験をさせてあげたい!」って気持ちになります。どんなときにどこで手に入れるかと[…]

クワガタのメス

採集したメスを産卵セットに入れてみよう。

採集したノコギリクワガタの子孫が羽化した!

↑前年に採集したノコギリクワガタが産んだ幼虫が羽化した!

ノコギリクワガタは、成虫として野外で活動を始めるとその夏で寿命を終えます。
基本的には越冬できない種類のクワガタです。
寿命が短いんですね。

寿命が短くて、生息数も多いということは、産卵数も多いということ。

野外で活動しているノコギリクワガタのメスを採集したときには産卵セットを作ってみるのもおもしろいですよ。

成虫で活動しているメスは、すでに交尾済みの個体も多いので、もしオスが採集できなくても産卵する可能性があるんです。

ノコギリクワガタは、朽ち木にもマットにも産卵します。
産卵セットは、粒子の細かいマットに水につけた朽ち木を入れるだけ。
あとは、転倒防止の小枝と昆虫ゼリーを入れておけば、2ヶ月後には幼虫が生まれているかもしれません。

成虫の寿命が短いノコギリクワガタですが、こうして産卵させることで累代飼育することも可能です。

ノコギリクワガタの産卵セットの詳しい作り方はこちらの記事で紹介しています。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。ノコギリクワガタ。私は毎年、初夏になるとクワガタ採集に行きます。わが家から原付で20分ぐらいの場所で採集するのですが、年々採集しにくくなっているように感じます。それならば自分で増やそうと思い[…]

ノコギリクワガタのオス

最後に。

オスとメスと飼育していると「メイトガード」がみられるかも。↑クワガタは交尾後、オスがメスを守るようにガードする。「メイトガード」(クワガタの「メイトガード」オスがメスを守る行動は遺伝子を残す戦略!)と呼ばれる。

ノコギリクワガタは私が好きなクワガタのひとつです。
とくにノコギリクワガタのメスはまん丸いイメージで非常にかわいいですよね。

ノコギリクワガタは1シーズンしか成虫で活動しません。
梅雨時期からお盆前までに、交尾と産卵を終えてしまわなければいけないのです。

短い期間で繁殖行動を終えるためには、早く異性と出会う必要があるのです。
そのためにノコギリクワガタの出した答えは、「活動する時期を合わせる」こと。

ノコギリクワガタは蛹室で羽化してから、そのまま半年以上蛹室にとどまっていることがあります。
「休眠」(きゅうみん)です。

この休眠期間、越冬しないノコギリクワガタとミヤマクワガタは非常に長いことがあります。(羽化した季節も関係する)

幼虫から飼育していても「いつまで経っても出てこない!」っていう印象です。
それだけに、無事に羽化して出てきてくれると喜びも大きい!

現在、わが家には何年か累代飼育しているノコギリクワガタの幼虫がいます。
今年も羽化して出てきたらまた、産卵セットを組んでみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


ノコギリクワガタの休眠期間が長いのは?

関連記事

ケンスケです。先日、2018年秋に生まれたノコギリクワガタが無事、羽化していました。(ノコギリクワガタが羽化していたと同時に幼虫だった記事)でも、まだ休眠中のため、ほとんど動きがありません。ちょっと掘り出すの[…]

羽化したノコギリクワガタ

ノコギリクワガタの羽化。失敗と成功。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。2018年の10月に割り出したノコギリクワガタ。20頭以上幼虫が得られたので、常温飼育、発酵マットで飼育していました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://[…]

ノコギリクワガタ羽化したて

クワガタ幼虫。オスとメスの見分け方。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。クワガタを幼虫から羽化させるのに、オスとメスでは使用するケースの大きさや菌糸ビンの交換回数が違うこともあります。そんなとき、「幼虫のうちから雌雄を判別できたらいいなぁ。」って思います。今[…]

クワガタの幼虫の雄と雌の頭の違い

クワガタを長生きさせる!

関連記事

こんにちは。ケンスケです。飼育しているクワガタ。少しでも長く生きていてほしい!自分で繁殖から羽化までさせたクワガタなら、なおさらそう思いますよね。でも、ムシの一生は短い!まぁ、短いとはいっても、国産クワガタは5年[…]

トカラノコギリクワガタのオス

ノコギリクワガタとミヤマクワガタどっちが強いか研究した本を紹介。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。カブトムシとクワガタ。どっちが強いと思いますか?やっぱり、大きさで勝るカブトムシ!いやいや、俊敏に下から挟んでしまえばクワガタでしょう!そんな議論を少年のころ友達と話していた記憶[…]

カブトムシ対クワガタ

自然のノコギリクワガタを観察しに行こう。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。東京八王子駅から北へ1.5㎞にある【都立小宮公園】をご存知ですか?都心からも1時間ちょっとで行ける雑木林を中心とした自然豊かな公園です!日頃、疲れた体を森林浴で癒せる、アクセスもしやすい[…]

小宮公園の散策路

オオクワガタのメスの特徴とは。

関連記事

こんにちは。ケンスケです。クワガタのメスってみ~んな似たような形をしていて見分けにくいですよね。ということで、クワガタの見分け方シリーズ「オオクワガタ編」です。オオクワガタはなかなか採集が難しい種類です。実は[…]

羽化したばかりのオオクワガタのメス